変形POP、切り抜きラミネート加工、パチンコ札

全く稼働していなかったカッティングプロッターがようやく動作して、久しぶりにパチンコ札を作成してみました。

 

紙をカットした後にラミネート加工をして、そのあとフチが4ミリ程つくように調整して周りをカットします。

非常に手間がかかるため、小ロットの時に使います。

 

数量が多い時や繰り返し使うものは抜型を作成してほぼ同じ作業をします。まとめてカットできるため作業効率がよいです。

丸型や菱型といった変形ラミネートフィルムは、通常のA3フィルムからこの抜型から切り抜いて作成しています。

パチンコ店用のイベント用販促物として、この変形ラミネートフィルムはかなりの数作っていました。しかし、2011年からパチンコ店の広告規制によりかなり数が減りました。

 

朝から晩まで同じ作業をしていた数年前が懐かしく思いながら作業を進めた1日でした