ラミネート加工されたカードで空き状況を表示するパネル

ラミネートで作られた空き状況の説明ボード

ちょっと用事があって、市の施設を訪れました。

そこで、ラミネート加工された、とても見やすい案内パネルを見かけました。

 

相談窓口の空き状況がひと目でわかります。

この「空」のプレートはラミネートでできてきます。裏返すと赤い背景に「満」が印刷されています。とてもわかりやすいですし、管理する側も裏返すだけなので、とってもスムーズです。厚紙やダンボールでも作成できますが、穴の部分が破れたりしますし、質感があまりよくありません。プレート以外にも、全体がラミネート加工されていて、高級感すら感じます。これを作成した人はアイデアとセンスに優れているなぁと思い、感心しました。

 

空き状況を表すプレート。裏も表示があるようです。

プレートを拡大した画像です。特に厚口フィルムを使用しているわけではなく、一般的な100ミクロンフィルムのようです。どのような表示なのか確認していませんが、他にもプレートがあるようです。もしかしたら裏側に「混雑」や「休」などという表示があって、簡単に表示を変えることができる仕組みになっているかもしれません。

 

ラミネートはアイデア次第といいますが、本当にそうだと思います。このアイデアはスバラシイ!