ラミネートで床案内・床広告

先日、とある高速道路のサービスエリア内にあるフードコートで、床に貼られたラミネートの案内をみかけました。

ラミネート加工物を透明テープで床に貼り付けてありました
ラミネート加工物を床に貼って、導線を作っていました。

フードコートの食器返却場所を案内する矢印などがラミネート加工され、透明なテープで床に貼られていました。

通常、床に貼る広告や案内は塩ビシートなどに印刷して、接着剤で貼り付けることが一般的なのですが、このようにラミネートを使っているのは初めて見ました。

確かにラミネートは耐久性があり、防水なので踏まれてもまったく問題ありません。これを見た時に、「そうか床にも使えるのか」と目からウロコでした。

ラミネートは少し厚みがあるので、歩いた時に気になるかなと思いましたが、ほとんど気になりませんでした。周りを透明なテープで囲んであったからかもしれません。これなら、様々な場所に使えるのではと思いました。

さすがに屋外や入口付近など雨に濡れるところだと、テープが剥がれやすくなるため、不向きかもしれませんが、水気の少ないところなら利用できそうな気がします。

ただ、床の種類によっては、滑りやすくなったり、つまづく可能性もあります。またテープがはがれると、ラミネート自体が滑って店頭する危険性もあります。実際の利用の前には十分検討の上、テストした方がいいかもしれません。

ラミネート利用の可能性がまたさらに広がった使用例だと思います。