ラミネート加工の吹き出しPOP。切るか切らないか

先日、ホームセンターに行った際、同じように見えますが、少し違うラミネートのPOPを見かけました。

いずれも植物(球根)の育て方を説明している掲示物になっています。両方とも吹き出しのデザインが使用されていますが、2つの違いがわかりますか?

 

よく見ると、ひとつは吹き出しの余白がカットされていますが、もう一つはカットされておらず、大きな余白が残っています。

画像ではあまりわからないかもしれませんが、余白をカットしている方は、吹き出しが宙に浮いているように見えてインパクトがありました。一方で余白がある方はインパクトが弱く、あまりキレイに見えませんでした。おそらく何枚か作成する途中で、めんどくさくなったか切るのを忘れてしまったのかもしれません。ちょっとしたことですが、クオリティが大きく変わります(そこまで考えるのは私だけかもしれませんが)

ラミネートはコシがあるので、細い部分でつながっているデザインの場合、まわりの余白をカットしても形状を保つことができます。

今回の吹き出しのようなデザインの場合、余白をカットすると宙に浮いたような感じになるのでおすすめです。